賠償金の一部である交通事故の慰謝料

交通事故の慰謝料は、特定の自賠責保険に加入する加入者が交通事故の被害者となった場合に保険会社から支払われるお金のことで、厳密には賠償金の一部に含まれます。

交通事故の賠償金には、治療費や通院交通費、休業損害などがあり、この中に「入通院慰謝料」と「後遺障害慰謝料」の2つも含まれています。

安心をコンセプトにしたNAVERまとめ関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

2つの内、入通院の方は3つの基準に基づいて算出され、保険金が支払われます。

交通事故の際の慰謝料が有名になってきました。

その3つとは、「自賠責基準」、「任意保険基準」、「裁判基準」のことで、任意保険基準と裁判基準はそれぞれの基準表に基づいて金額が算出され、自賠責基準は1日に掛かる費用を4200円と定め、入院日数または通院日数を指す実通院日数の2倍と、実際に治療に要した日数を比較して、日数の少ない方を選択して適用し、そちらに4200円を掛ける方法で算出します。


もう一方の後遺障害の方は、特定の機関が認定した後遺障害に対してだけ支払われる保険金で、認定を受ける為に事前に申請を行う必要があります。

申請方法は、保険会社が保険加入者に代わって申請を行う「事前認定」と、保険加入者が自ら申請を行う「被害者請求」の2つの方法があり、どちらか一方で行われます。

あなたに合った相続の際の弁護士の情報を調べてみましょう。

また支払われる額は認定等級が高くなるほど上がり、さらに裁判基準や任意保険基準など適用される基準によっても変わります。

なお、これらの慰謝料ついて保険会社と交渉する場合には、正しい知識に基づいて行う必要があり、理にかなった理由以外では保険会社は増額などに応じないことを理解しておく必要があります。